最近巷で流行っている"フッターに出てくる共有支援ツールバー"「Wibiya」を使ってみた

blog01.jpg

最近、数多のブロガーさんたちの間でちょっと流行っている【フッターのところに出てくる最新記事やらサイト内検索やらをやってくれる共有ツール】「Wibiya」をこのサイトをご覧いただくと分かるとおり、導入してみました。

使い勝手は・・・うーん、そこそこ。っすかね。
まだまだユーザーさんがどうこのツールを使ってくれるかで有用性は変わっていくでしょうし、Beta版を抜けたときにどんなサービスになっているかは分かりませんが、ひとまず使用感や導入方法についてまとめてみます。

■サイト自体はすげー使いやすい。
アメリカ産のツールってことで導入は面倒くさいのかなー?と思っていたんですが、サイトに登録してスクリプトコードを1行足すだけっちゅー簡単さでした。

まずは登録してログイン
フッターに出てくる共有支援ツールバー「Wibiya」


■IEだとかなり重たい
FFとかSafari系のブラウザだとほとんど影響ないんですが、IEだとかなり動作が重たくなります。単純にJavascriptの読み込みが遅いからっつーこともあるようですが、相性の問題もあるみたい。今後に期待・・・ですかね。

■カスタマイズは結構簡単
とはいえ、表示する機能を絞り込んで使えば、IEでもそこそこ軽快に動くことが分かりました。このサイトで使っているのは、「サイト内検索」、「最新記事」、「Twitterダッシュボード」、「記事共有」の4つだけ。デフォルトだと12個くらい機能がついてきてしまい、しかも中には「今このサイトを見てる人はこのくらい!」とかって明らかに通信負荷が高そうなものもあるので、こういうのをかたっぱしからぶった切ってしまえば、ある程度は軽くなるみたいです。

■考えうる便利な使い方
おそらく、サイトとTwitter、RSSの連動がキモになっていくのかな?という感じです。RSSのフィードは任意で設定できるので、たとえば公式サイトのフッター部分でスタッフブログ(まったく別のURL)の最新記事を出したり、Twitterと密接に連動させたり・・・といった感じ。
TOPページにはTwitterの最新ツイートを載せてるけど、下層からはリンクしてるだけ・・・なんてときに簡単に連動を強められるので便利かも。
法人での使い勝手もまあまあよさそう。(広告でないし)