良いコンテンツこそ最上のSEOだと思うんだ。

本当のSEOってなんだろう?
俺達はクローラーロボットのためにサイトを作っているんだっけ?違うよね?違うよな!
と、おもわず叫びたくなってしまう毎日を送るディレクターの方に贈る。僕なりのSEOについての考え方を今日は紹介します。

はい。更新がえらい久しぶりなのは怠けていたからです。そこは素直にごめんなさい。
い最近、僕の個人サイトの一つがYahoo!のTOPニュースで紹介されました。
「Utadaとカラオケパーティができるコンテストがはじまるよー」てな内容のニュースに、下記のサイトが紹介されたっていう内容でした。

内容は完全に自分の趣味である「歌」について。かつてかじったことのあるヴォーカルレッスンのセンテンスを纏め上げて、原稿を起こし、内容を詰め込んだサイトです。

正直、デザインは悪いですし、内容も決して華やかではありません。
どちらかというとテキストだらけですが、
そこには僕なりに「これを読んだ人にぜひ実践してカラオケを上達してほしい!」との願いを込めたつもりです。

ちなみに、Yahoo!からの紹介をはじめ、多くの方からの自然なリンクをいただき、現在は「カラオケ 上達」でGoogle2位に居ます。

いやいや、この記事は別にそれを自慢したいから書いたわけなんですが
書いたわけではなくね。

つまるところ、最終的に「ユーザーに何を伝えたいか」を考え、それを熱意をもって、愛をもって伝えようとしたサイトは、ほっておいてもSEOに強くなるんじゃないか?ということ。個人での経験が多いので、おそらくまだまだ僕はSEOの1側面しか見れていないんだろうけど、結局強引なやり方で上げたサイトは長生きしませんでしたよ。

まずは中身ありき。

まさかこんなディレクターとしては当たり前なことを、かつての自分のサイトから教わろうとは思いも寄らなかったです。

今はプロのWEBディレクターとしてクライアントのサイト制作に従事する身。彼らがユーザーに伝えたいこと。ユーザーが本当にほしいもの。その両面を見つめて、まるで自分のサイトのように携わっていけるように勉強していきたいなー

あらららら。なんともしまりのない結末だ。