検索エンジンの検索結果って、「何順」でしょうか?という質問をクライアントに投げかけてみる

検索エンジンの検索結果って、「何順」でしょうか?という質問をクライアントに投げかけてみると、結構な確率で過剰な信頼をゲットできる・・・かも知れない。というお話をひとつ。

我々ディレクターにとっての常識と、クライアントを含めた多くの一般の方々の考えているWEBマーケットの姿にどれくらい誤差があるのか。それが非っ常ーによく分かる事例として、SEOについての認識のズレを語ってみたいと思います。
クライアントと話していて、「検索結果の上位にいたい」という要望は少なからず耳にするものですよね?僕らWEBにどっぷりとはまっている連中は、それを聞くと「ああ、じゃあSEOも一緒にかけなきゃな・・・」と即時判断して、内部対策なり外部対策なりを打った場合の施策費用も含めて見積もりを出します。

でも、大方のばあい、そのSEOの費用を見て、クライアントは一言

「高いね」

・・・・・と、いうわけで、SEOの提案は省いて受注、もしくは相見積もりで負けて受注を逃してしまう。となるわけです。


さて、そこで、ためしにでも何でもいいので、クライアントに
「検索エンジンの検索結果って、「何順」でしょうか?」という質問を投げかけてみてください。

これはかなり私見が入りますが、
僕のこれまで対応してきたクライアント側担当者の反応はこんな感じでした。

1位:人気のある(Visit数の多い)順でしょ?・・・70%
2位:(Yahoo!やGoogleに対して)お金払ってるんでしょ?・・・10%
3位:全然わかんない・・・5%
その他:何らかの理由があるんだろうとは分かっていても正確にはしらない・・・15%

うん。大体こんな感じですね。

「外部対策で約80%、内部対策で約20%を主な比率として、検索エンジン側のアルゴリズムに則す形で"いかに検索キーワードに合致する回答たるサイトか"を検索エンジン側に強く認識された順に並んでいる」

なんて答える担当者は稀ってことです。(つーか見たことねぇ)

ここで、担当者の気持ちに変わってクライアント側の「制作会社に対する期待」を言葉にすると、「サイトは作って見て貰ってナンボ。作ってくれる会社が決まったら一緒に集客も面倒見てくれると助かるんだけどなぁ・・・」

ですよね?
だって複数の会社とのやりとりってだれが担当しても面倒くさいですもん。全部丸投げしたほうが自分だって楽だし、金払う価値がある。

そこで、

「検索エンジンの検索結果って、「何順」でしょうか?」
と、ぜひ聞いてみてください。

かなりの確率で、上記のように「????」と担当者が困惑してくれますので、そこで私らディレクターが「ご安心を。弊社ならそこをもちろん考慮して制作、運用支援できます。」といってあげるんです。

「ああ、こんだけ詳しい人がやってくれるならなんの心配もいらないや。」と担当者がなってくれれば、こっちのもんです。

わがままで扱いにくかったハズの担当者が、すごく頼ってくれます。任せてくれます。当然、他社に受注を掻っ攫われるなんてなくなります。

SEOについて無知なディレクターなんて居ない。
でもクライアントは当然のように知らない。

自分らにとってあまりにも当たり前すぎてついつい説明を忘れてしまう所にこそ、信頼を得るヒントがある・・・と思っています。