ブラウザのお気に入りやアドオンを複数のPCで共有する方法(違う角度から)

今回は、ブラウザの「お気に入り」やアドオンを複数のPCで共有する方法をまったく違う角度からやっていきます。

通常、こういった場合、現在メインで使っているPCから設定ファイルをエクスポートして、別のPCに読み込ませる方法をとるんですが、今回は文字通りの「共有」
常に新しい設定をまったく別のPCで同期させて使い込む方法を紹介したいと思います。

 ■手順1
Dropboxをダウンロード&インストール

ローカル同期型オンラインストレージ「Dropbox」をまずはダウンロード。非常に簡単なのでここではその手順は省きますが、要するに無料で使える超便利なオンラインストレージです。まるで自分専用のファイルサーバーのようにオンラインストレージ上に作れる自分用スペースをローカルと同期させて編集、保存することが可能なスグレモノです。

詳しくは「Dropboxのセットアップと使い方」を参照にしてください。


■手順2
ポータブルFirefoxをダウンロードします。

言わずと知れた高速ブラウザ「Firefox」には、USBストレージなどに入れて持ち歩いて使えるポータブルバージョンが存在します。今回メインとなるブラウザはこれ。

ダウンロードするとインストール無しで利用が可能になるんですが、ダウンロード先に先程Dropboxのインストールによって産まれた「C: ¥Documents and Settings¥My Documents¥My Dropbox」を指定してください。(使っているPCによって若干異なります。僕の場合ここでした。)

はい。これでほぼ作業は完了。
あとは今使っているブラウザからのお気に入り情報をインポートすればOKとなります。
参照:「お気に入り(ブックマーク)のインポート」

■手順3
サブのPCにも「Dropbox」をインストール

メイン側でのセットアップが完了したら、今度はサブのPCにも「Dropbox」をインストールします。手順1を繰り返す形となりますが、別にそんなに手間はかからないのでがんばってください。

セットアップの途中で「あなたはもうDropboxのアカウントを持っていますか?」的なことを聞かれますので、(英語で)「はい」を選択して、手順1で取ったアカウント情報を入力してください。





これで完了。
Dropbox の機能により、MyDropbox内のファイルは常に最新版に保たれますので、インストール無し、すべての設定ファイルがスタンドアローンで稼動するポータブルFirefoxをこの中で利用すれば、複数のPC間で完全に同期されたお気に入りやアドオン機能が使えるというわけ。

ポータブルFirefoxを入れたUSBストレージを抜き差しすることさえ面倒になってしまったイカれた方々へぜひともお勧めしたい方法です。