Webディレクターのためのセルフブランディング術

こんにちは。DCHSタカセです。

これまで、Webディレクターのキャリアに焦点を当てて、各種セミナーへの登壇や記事の寄稿などをしてきましたが、実際に「転職に成功しました!」や「会社と交渉して給料を上げてもらいました!」などと連絡をいただくこと多数、実戦でお役に立てているようです嬉しい限りです。

そして遂にこの度、その集大成となる書籍が出版されることになりましたー!ワーパチパチ。

日本ディレクション協会 会長 中村 健太 株式会社デスクトップワークス 代表取締役 田口 真行 デジタルマーケティングオフィス DCHS 代表 高瀬 康次

Amazon.co.jpで詳細を見る

この書籍は、「Webディレクターズマニュアル」編集長の中村健太氏、今話題の「田口真行のWebディレクション講座」講師の田口真行氏との共著でして、Webディレクターとしての基礎を養うトレーニング法から、納品物の品質を高めるノウハウに、キャリアの積み上げ方まで、Webディレクターとして生きるためのすべてが詰まっています。

この書籍の内容をすべて実践できれば、年収1,000万円は固いんじゃないかと思います。

もちろん、これを完璧に実践することは、決して容易なことではありませんが。

さて、宣伝はこの辺にしておき、本題に入りたいと思います。

何のためにセルフブランディングをするのか?

いきなり結論ですが、自身の価値を高め、地位と収入を上げることが、セルフブランディングの目的です。

「別に出世は望んでない」とか、「収入はほどほどでいい」とか、そんなご意見もあるかとは思いますが、Web業界では、そうは望んでいても、中々それを許してはもらえません。

なぜなら、Webディレクターは専門職だからです。

絶えずトレンドの移り変わるWeb業界において、高度に専門的かつ、常に最新の知見を求められるWebディレクターは、常に他者と比較をされつづけるし、同じレベル感であれば、成長観点から若手のほうが重宝されるのは自然なことです。

そんな中、「ほどほど」であり続けようとすれば、いずれ職を失うリスクを背負うことになります。

個々により、環境により、いろいろと厳しい面もあるかと思いますが、将来そうならないためにも、自身の価値を高め、必要とされる人材であり続ける覚悟が必要になるのです。

そこで、少しでもみなさんの参考になればということで、DCHSタカセが実践してきたセルフブランディングのポイントをいくつか紹介したいと思います。

自身の価値を定義する

この点については、過去の寄稿記事などでも繰り返し言及してきましたが、まずは自身の価値を熟知することが重要です。

他のWebディレクターと交流のある方ならわかると思いますが、ひとくちに「Webディレクター」と言っても、個々により、得意とする分野はまったく異なります。

どのような分野を得意とし、どのようなスタンスで業務に取り組んでいるのか。

まずはあなた自身を定義し、熟知することが必要です。

そして、「Webディレクター」という仕事をよく知らない人に対しても、分かり易く説明ができるようにしておくようにしましょう。

では、いかにして自身を定義すべきかについては、冒頭で紹介した書籍で詳しく解説していますので、ぜひ一読してみてください!

活きた人脈を構築する

同業者はもちろんのこと、他業種に渡るまで、人脈は多いに越したことはありません。

活きた人脈は、様々な場面であなたを助けてくれますし、多くの人を知ることは、現在の自分を知る鏡となります。

では、如何にすれば人脈を構築することができるのか、まずは、多くのイベントに参加してみるといいでしょう。

特にWeb業界においては、毎日のように、大小様々な勉強会や交流会が催されているので、自身の興味のあるところから、積極的に参加してみてください。

イベントを探すには、下記などが便利です。

- Peatixの検索ページ(ウェブ/テクノロジー)

- Street academyの検索ページ(Web・IT)

もちろん、知り合っただけでは"活きた"人脈にはならないので、SNSでフォローしてコメントしたり、飲みにお誘いしたりなど、積極的に関係値を高めるといったことも大切です。

アウトプットを重ねる

如何にあなたが優れた人材だとしても、その価値が伝わらなければ意味がありません。

あなたの価値を伝えるためには、開かれた場所で、アウトプットを重ねることが大事です。

アウトプットの方法は沢山ありますが、僕が主に実践してたものは下記の通りです。

勉強会に登壇する

「自分には無理だ」とか、「人に何かを教えるなんてできない」とか、そんなことを考える必要はありません。

セミナーと言っても大小様々ありますから、まずは少人数(5〜10人)くらいから初めてみるのがいいと思います。

内容についても、今あなたが最も興味のあることを調べ、まとめるだけで充分です。

DCHSタカセが初めて登壇した時は、個人的にUIがすばらしいと感じたスマホアプリの、どこが良いと思ったかをまとめたものを発表させてもらいました。

もし登壇させてくれる場所がないというのであれば、ぜひ「日本ディレクション協会」に相談してみてください。

- 日本ディレクション協会

Webメディアに寄稿する

Webメディアというと大げさに聞こえるかもしれませんが、Web系の情報を発信している個人ブログなんかでもいいと思います。

もしくは、Webディレクターズマニュアルの中村さんのように、自分でメディアを作ってしまうのもいいでしょう。(※タカセは長続きしないので、自分でメディアを作るのは諦めました...)

人を紹介する

人脈は、人脈を呼びます。

そして、人脈を持っている人は、それだけで高く評価されます。

ちなみに、仕事に直結するような紹介である必要はありません。

楽しい場に、楽しい人を呼ぶ、そんな紹介でも充分ですから、相性の良さそうな人がいたら、積極的に結びつけるといいでしょう。

まとめ

騙されたと思って、"自身の価値を定義"し、"活きた人脈を構築"し、"アウトプットを重ね"続けてみてください。

最初は実感を得にくいとは思いますが、これらを実践し続ければ、2〜3年後には、明らかに自身の力になっていることに気づけるはずです。

「2〜3年もかかるのかよ!」と思われるかもしれませんが、当然、簡単なことではありません。

冒頭でも言及している通り、他者と比較をされ続ける中で、自身の価値を高めていこうと思ったら、それはやはり大変なことです。

その大変なことをし続けられる人こそが、自身の価値を高め、地位と収入を上げることができるのではないかと思います。

というわけでイベンと告知です

さて、いろいろ好き勝手に書かせていただきましたが(笑)、冒頭で紹介した書籍「第一線のプロがホンネで教える 超実践的 Webディレクターの教科書」の著者陣が集まるスペシャルイベントが開催されます!

この記事について聞きたいことがあるとか、もっと具体的な方法が知りたいとかあれば、ぜひご参加いただき、懇親会の場ででもぶつけてやってください。

参加費は、なんとたったの500円!

というわけで、ぜひぜひ。会場でお待ちしております。

トップディレクターに学べ!超実践的スキル&キャリアの磨き方

「第一線のプロがホンネで教える 超実践的 Webディレクターの教科書」の著者陣による、
Webディレクターのためのスキル&キャリアアップの超実践的メソッドが学べるセミナーイベントです。

日時10月11日(日) 14:00~18:00(開場:13:30~)
料金500円(セミナー+ミートアップ)
会場FUKURASIA品川(高輪口)東京都港区高輪3-25-33 長田ビル6階
主催日本ディレクション協会

イベントを詳しく見る