あるプロジェクトの立案からリリースまで(前編)

あるプロジェクトがたちあがる!その瞬間に立ち会う機会もWEBディレクターという仕事をやっていると非常に多くなります。
時にはクライアントのビジネスモデルを一緒に考え、その構築から一緒にお手伝いさせていただく!なんて面白い仕事にもなりえます。それだけWEBが企業にとってのマーケティングの核になってきているってことなんでしょうね。
さて、では新プロジェクトの立案からWEBでのリリースまで、僕らWEBディレクターは何を考え、何をやっているのか。ちょっと書いてみたいと思います。

■まずはビジネスモデルの理解から
とりあえず、クライアントのビジネスモデルを把握しないことには何も始まりません。何をやろうとしていて、その先にどんな展望があるのか。またなぜその事業をWEBで出すのか。などなど、「その会社の子になったつもり」で聞いていきます。

■プロモーション施策の設定
クライアントがその商品、サービスをどう売ろうと考えているのか、どう利益回収をしようとしているのか?をしっかりと把握し、WEB以外でのプロモーション内容もちゃんと確認しておきます。例:パンフレット展開、CMを打つ予定、他社のECサイトにおろす予定、広告費はどのくらいで、どのターゲットに向けて宣伝を行っていくのか?などなど。

■WEBにおいての案件定義
さて、じゃあWEBで「何をやるのか?」ざっくりとでもいいので、この辺で決めてしまいます。ECサイトやるのか?ティーザーサイト立てるのか?ランディングページオンリーでいくのか?コーポレートサイトもやるのか?などなど。

■ベンチマーク調査
で、次に見るのは、「ライバルは何やってんだろう?」です。ここで業界の動向を見ておいて、結果、先ほど決めたざっくり案件定義がゆらぐ分にはぜんぜんOKだと思います。

■検索マーケット調査
さらに、じゃあ、検索からの流入が狙えるのはどこだ?を考えて行きます。中には検索経由の導線を想定しないサイトもあるかと思いますが、それでもやっておいたほうがいいです。中小企業さんとかだと、「全く同じ名前のブランドがすでにあった」とかマジでありますし、検索経由の流入はやっぱりバカにできないからです。

■サイトコンセプト設定
さて、ここらで完璧に「何をWEBでするべきなのか」という大きなコンセプトが必要になってきます。「周りの状況も中の状況もわかった。で、じゃあWEBに何を求めるよ?」ってわけです。

あるプロジェクトの立案からリリースまで(後編)に続きます。→