コミュニケーションを「能力依存」ではなく、よりロジカルに捉えて問題を解決する方法

どもナカムラです。

今回は、ディレクションにおいてかなり重要な位置にありながら、イマイチ深く語られない「コミュニケーション」の重要性とその把握方法について、ディレ協ゼロディレでも講師仲間としてご一緒させていただいている小嶋さんから寄稿をいただきました。初の寄稿記事っすね。


コミュニケーションが不足した現場で起こっていること

はじめまして、小嶋です。

開発の現場で「コミュニケーション能力」を期待される事が多くありますが、実際に現場に入ると、ディレクターとほかのスタッフの間の会話がほとんどなく制作依頼のかなりの部分が丸投げになっているケースが多くあります。

当たり前ですが、そういった現場では出来上がるものが大抵よろしくないのです。

デザイナーからワイヤーに色を付けた程度で何のデザインもされてないモックが上がってきたり、エンジニアがシステムに組み込めないようなコードを組んでしまったり

嘘みたいな話ですが、ディレクターに「コミュニケーション能力が求められる(=コミュニケーションが不足している)」現場においては、本当によくある事だったりします。

ディレクターが超えるべきコミュニケーションの"課題"

制作では、各チームメンバーに少しでも良いものを作ってもらう必要があります。

ですが、いきなり良いものが出てくるわけではないので、当然ディレクターが一緒になってブラッシュアップしていきます。

では、頼んだデザイナーやエンジニアが「何を考えてその仕事をしたのか」理解しないままアウトプットの質を高めることが可能でしょうか?
もちろん、否です。

実際の現場では忙しくて人と会話をする余裕もなく、一日中PCの画面と向き合い、ほとんどのコミュニケーションをメールやグループウェアなどの文字データに頼ってしまいがち。僕もそうです。

だからつい、やりとりに使う時間と労力を「コミュニケーションコスト」として削ってしまいたくなる気持ちは分かります。
が、そうはせずにコミュニケーションの効率化ができないものだろうか?以下はそんな考えから僕が実践しているやりかたの紹介になります。

"雑談を大切に"コミュニケーションの5つの段階

コミュニケーションは情報発信する人だけで作っているのではなく、それを聞き、応えていく人も含めた場で成り立っている事。

そしてその"場"には5つの階層があり、下の階層から上の階層へ発展していくことで、より深く意思の疎通ができるようになっていくと仮定しています。

第一階層:挨拶

当たり前に挨拶し合える、言い換えれば相手の事を互いに意識している段階。話しかけていいか迷ったり、軽い話をするにもストレスを感じてしまう場合、これができていない可能性あり。

第二階層:雑談

「天気の話」や「昨日みたテレビの話題」なんかが話せる段階。守りの態勢からコミュニケーションの態勢へ移ろうかどうしようか考え中といったところです。

第三階層:意見交換

どちらかが一方的に話し、もう一方が傾聴している段階。相手との関係を気にしすぎて思考の共有ができているとは言い難いですが、情報のやり取りはなんとかできています。

第四階層:討議

相手と自分の関係だけでなく、相手の意見そのものを評価しあえる段階。まだ各々が自分の意見を述べているにすぎず、多少の成果は出せるが いまひとつクリエイティブさに欠けます。

第五階層:議論

目的を達成するために意見や情報をまとめ、形にしていく事が可能になった理想的な状態。相手に対する心配が無用となり、参加者が自然と問題解決を図るようになります。

例えばこんな時

  • 一方的に頼むだけでよい場合
  • ベターな方法を一緒に探す場合
  • 根本的な所から一緒に答えを探す場合

それぞれ、あるべきコミュニケーションのカタチは変わるはずですよね?

制作の現場でも自然と起きていることなのですが、それを意識するだけで随分コミュニケーションの方法と生み出される結果が大きく変わってくるんです。

うまくいかない原因はコミュニケーション階層のすっとばし

各階層は「前の階層のコミュニケーションが充分取れていること」が大前提で進めていくものです。

なので、いきなり討議したり、議論したりなんて乱暴な飛躍はできません。

無理に行ってしまえば、「一方的な意見の押し付け」「議論したつもり」「解決したつもり」になってしまい、感情的な軋轢からプロジェクトが頓挫するなんて最悪の事態にもつながりやすくなります。

少し極端に聞こえるかもしれませんが「挨拶も雑談もできない職場で、クリエイティブな会話をする」なんて不可能なんです。

デザイナーやエンジニアは、ディレクターが思っているよりたくさんの事を分かっています。

クライアントの話を直接聞く機会が少ないので、ディレクターより案件については知らないかもしれませんが、一般的なスキルのあるデザイナーやエンジニアなら、ディレクターが考えている以上に、いろんな視点、いろんな解決案を持っています。

その視点や発想をちゃんとチームで共有し、意識的に成果につなげていくことができたら、それこそディレクションの制作ツールといえないでしょうか。

もしも今、チームの連携がどこかしらうまくいっていないとしたら、それはコミュニケーションの階層を飛ばしていたせいなのかもしれません。

ちょっと深呼吸して自分と自分の周りにあるコミュニケーションの階層を把握してみてください。

意外と簡単に、なんとかなるヒントが見つかるかもしれませんよ。


中の人ナカムラによる編集後記

うーむ。今回初めて寄稿掲載という形で記事を書いていただきましたが、やっぱり人によって色々な考え方があるんですねー。勉強になりました。(※ナカムラはコミュニケーションを能力依存だと思ってました)

要するに「外注のあのデザイナーなんかいつも中途半端なデザイン上げてくるんだよなー」と文句を言う前に

  • そのデザイナーと雑談したことある?
  • 実際にあって挨拶したことある?
  • 一緒にメシ食ってくだらない話した?
  • どんな考えで仕事してるか知ってる?

これ全く知らないままで文句言ってても何にも始まらないよ?ちゃんと階層化してコミュニケーションの段階を進めないで相手のアウトプットにケチ付けるのは尚早なんじゃね?

とまぁ、こんな感じでしょうか?(小嶋さん間違ってたらすみません)

様々な人の意見や意志が重なり合って、ぶつかりあって、全員が本気になった時に「いいもの」をユーザーに届けられる。その前提にあるコミュニケーションについて考えるキッカケをいただいたような気がしました。

記事の寄稿について

てなわけで唐突ですが、Webディレクターズマニュアルではこれまでの個人メディアからちょいと成長して、こんな感じの寄稿記事もちょいちょい掲載していこうと思っています。

自前のブログを持っている人はもちろん、ブログ書いたこと無い方も全然OK。ナカムラがサクッと編集して意見共有のお手伝いをできればいいかなーとか考えています。

「ディレクターズマニュアルで何か言ってみたい!」という方はお気軽に以下よりご連絡ください。原稿書くのが苦手で時間も無いって方はナカムラにコーヒーおごってくれながら主張や思いの丈を語ってくれればこっちで勝手に原稿化します。よろしこー♪

寄稿に関するお問い合わせ