いいサイトも『作っただけ』では価値がない。正しくユーザーを集めるためのプロモーション思考

ども、はじめまして。日本ディレクション協会で講師をやりながらWeb広告の会社で新規サービスの立上げやメディア運営などやっています本間です。

さて、いきなりですが「Webでモノやサービスを効率良く売る」ためにはどうするのが結局正解なんでしょう?

  • とりあえず良いサイトを作る?
  • とにかく大量に人を集める?
  • 今っぽい機能を実装してスゴイサイトを作る?

いやいや。一番大切なのは、とにかく「正しい見込み客を連れて来る事」なのではないでしょうか?

もちろん、売る商品自体に魅力が無いと、どんだけ頑張っても売れないし、どれだけいい商品でも、紹介をするWebサイトがイケてないと売れません。

でも、どれだけいいサイトデザインや機能を実装したところで、「適したユーザー」を連れてこなければ何も売れないんです。山で浮き輪を売っているようなもんですから。

では、どうやって正しい見込み客を連れてくるのか。今回はそんな話をちょっと解説してみます。

「あの人もこの人もターゲット」では何も上手くいかない

サイトのコンテンツに設定するターゲットの話なんですが、シンプルに言い切ってしまえば基本「思いっきり絞る」が ひとまずの正解だと僕は思っています。

欲張っちゃうと誰にも相手にされない。それこそ、「こんなに絞るの!?」ってくらい絞ったほうがいいんですよ。

何を今更あったりまえの事を...と、思われる方も多いと思います。でも、まだまだ本当に多いんですよ。特に事業者(発注者サイド)に。

「絞り込みすぎると、ターゲット少なくなっちゃうからダメなんじゃ...」

て、思って行動しちゃうクライアントさん。

いや、分かりますよ?その気持ち。一理ありますし、別に間違いってわけじゃない。確かに絞れば減る。当然です。

でも、じゃあ絞らなければ広域にリーチできてより成果に結びつくのか?と聞かれると、それは「ただの思い込みです」としか返せないのがホンネだったりします。

実際のマーケットにおいては10人が動けばその周辺(インタレスト対象の近い)人達も動いてくれたりします。

だし、絞ったほうが施策を作りやすい。という利点もあったりします。

顔も何も分からない「20代女性」というフワッとした"大勢の人々"に対して書けるか?...と考えれば分かりやすいはず。多分無理ですよね?

それより「総務課の○○さん」に書くラブレターの内容を考えたほうがよっぽどカンタンですし、なにより伝わるメッセージを強く設計できるハズなんですよ。

何かを伝えるという事は、誰かをイメージして伝える方がより伝えやすいんです。

「みなさん」に伝えるのではなく、「○○さん」へ伝えようとすることが非常に重要になっていくんですよ。

時間軸を点で考えると大抵のプロモーションは失敗する

はい、何を言っているか分かんないですね。以下説明します。

まず前提として、あなたのビジネスの見込み客は、常にあなたの商品を欲しがっているわけではありません。

というか、むしろ常に別の色々な事を考えていて、極稀にあなたの商品のことを考える...。というほうが正確かもしれません。

しかし、事業を続ける以上「この先見込み客になるかも知れない人たち」との接点はなるべく多く持たなければいけない...ですよね?

では、何をどうすればいいのか?

答えは実はシンプルです。

「ユーザーの気持ちやステージ」に合わせて伝える場所と情報を変えればいいんです。

ターゲットとして設定した人は、ネットで検索もするし、SNSも見るし、ニュースサイトも見るでしょう。

で、あれば。その時そのユーザーはどんな気持ちなのか?何を欲しがっているのか?を しっかりと考えて、見込み客を連れてくる設計をしてあげればいいんです。

Facebookを見ている時には、友達のリア充な一日を知ってちょっとへこんでるかもしれません

「浮き輪 空気の入れ方」を検索している人は、この夏海に行くための旅行を計画しているかもしれません

上記のようなとき、あなたなら何を伝えますか?

何を伝えれば、自分たちのビジネスに興味を持ってくれますか?

買いたいと思ってくれますか?

そのへんを思いっきり考えて、「瞬間的な点の感情」ではなく、時間軸で変異する感情やシチュエーションを「線で考える」んです。

ユーザーの生活は連続的に、常に動いています。

なのでその流動性を無視して点でとらえるのではなく、そのユーザーの連続した線でとらえることによって「見込み客を連れてくる」手法を思いつく素地が作れるんです。

テクニックではなく、ユーザーの生活や行動を線で考え、理解しましょう。それだけで、「見込み客を引き連れる」設計は8割終わったようなもんです。

具体的にどうやるの!という方のためのセミナー紹介

はい。というわけでここでおなじみセミナー紹介をさせていただこうかな?と。

上記でも触れた「ターゲットのちゃんとした設定」とか「線で考える」思考法とか。

その辺を実務レベルに落として分かりやすく『Webマーケティングの基礎』として習得できる全4時間のガチワークショップ同時開催型セミナー 0からのWebディレクション講座:Webマーケティング編 です。

「いいサイトなハズなのにイマイチ売上がねー...(苦笑)」とか言ってる場合じゃない!けど何から学べばいいのやら! と、そんなディレクターさん、Web担当者さんにオススメ。

これを書いてる本間も、このブログの編集長ナカムラさんも会場いますんで会いに来てやってくださいー。

0からのWebディレクション講座:Webマーケティング編

日時10月31日(日) 13:00~17:00(開場:12:30~)
料金4,000円(セミナー代+ワークショップ+ミートアップ)
会場株式会社クリーク・アンド・リバー(〒102-0083 東京都千代田区麹町2丁目10番9号C&Rグループビル)
主催日本ディレクション協会

イベントを詳しく見る