そのブレスト必要?アウトプットのクオリティを上げるためにディレクターがやるべきこと

お久しぶりだっけ?ナカムラです。

今回は主に案出しなんかに使われる事の多いブレストのやり方について、実際に日本ディレクション協会のワークショップ等で実践している手法を公開しようかと思います。

まずブレストってなんだっけ?

小グループの集団によるアイデア発想法の一つ。1つのテーマにつき周知したうえで、実現可能性にこだわらず自由に意見・アイデアを述べ、統一意見や新視点を抽出するための材料を提出する。そのための4原則は「批判厳禁」(結論厳禁)、「自由奔放」(粗雑なアイデア歓迎)、「質より量」(量を重視)、「結合改善」(個々のアイデアの統合発展)。大量かつ思いがけない発想を得るために有効とされる。   by wikipedia

だ、そうな。

要するに「テーマ以外何も決めずにガンガン意見出しましょ!」という発想法がこのブレストってやつなんですが、イマイチこの思考法から有効な提案が出てくることが少なくて困ってる方、多いんじゃないでしょうか?

いや確かに聞こえはいいんですよ?特に批判厳禁とか素敵なルールだと思いますし。

でも、大抵はなんか無駄にだらだらと長いミーティングになったなー・・・みたいな感想に落ち着いちゃうような気がしませんか?少なくとも僕はそう感じることが多いんですが。

何をテーマにやるか?より誰とやるか?のほうが重要

例えばWeb業界の事をなーんも知らない学生が集まってブレストをやったら・・・?

いや、それはそれで面白いアイデアが出てくる可能性もあるでしょうが、もし「なーんも知らない」どころではなく「そもそも興味がない」人たちが集まったらどうなるか?

多分、議論がどこにも辿り着かずグッダグダになります。

そしてそんな会議(という名の学級会とでも呼ぶべきなにか)、本当にあっちゃこっちゃで目にします。

1人か2人でいいんです。ちゃんとそのテーマについて理解していて、議論の方向をコントロールできる人がいれば軌道修正は可能なんです。

この役割、ディレクター(導く人)こそできるようになるべきじゃね? ... なんて僕は思っています。

人はそれをファシリテーターと呼ぶ

上述のように議案をテーマとし、複数人でのブレストや会議をうまいこと取りまとめて進めていく人の事を「ファシリテーター」とか言うらしいです。

一回役割分担だけ振ってみて、一人「意見をまとめることに尽力する人」を立ててブレストをやってみるとすぐに分かります。

目に見えて違いが分かるほどアウトプットの質が向上します。いやマジで。

ファシリテーターが実際やる4つのこと

アイデア出しそのものを目的としたいわゆる「本来の意味としてのブレスト」とは異なるかもしれません。

が、僕やディレ協メンバーがワークショップなどで行っているファシリテーション、および実際のプロジェクトなどでのアイデア出しで実際にやっているのは以下のような感じ。

01:ゴールをフワッと想定する

例えば「売上を上げる」とか、「誰かを感動させる」みたいなフワッとしたものでいいので、とにかくその場において出されるアイデアによって解決したい目的や課題を想定しておきます。

場合によってはブレストの前段階で参加者に説明しておきます。

02:例えを用いた切り口の提示

もうまんま例えを言ってしまうと、「例えば〇〇という切り口と、▲▲という切り口がありえるけど、他になんかあるかな?( or どっちでいこうか?)」みたいな感じで場の流れを作り出します。

流れ着く先を想定できないアイデア出しの場合、時間ばっかりかかって中々話が進まなくなってしまいがち。

到着の仕方として想定できる「行き方」をいくつか提示してあげて、まずはどんな方向で会を進めていくかをブレストしていくイメージですね。

03:アイデア出しの"フリ"を行う

もうこれもそのまんま。

ようするに「〇〇さんどう?」みたいな感じで、あんまり参加できていない人をブレストに巻き込む行動を心がけます。

ここで「誰か意見ありますか?」みたいなフリをやってしまうと、お互い牽制しあって何も出てこなくなってしまうので要注意です。

04:ゴールに近いと思えるものへの集約

上記の流れによってある程度ブレストが進んできたら、ガンガンアイデア出しまくる!というフェーズから一定の方向に意見を集約していきます。

まぁ結論出しを目的としない場合はいらない項目ですが、何かしら「まとめたい」場合はファシリテーターの役割だと思っています。

いやまぁ大抵の場合「いやー楽しかったねー」で終わらせたくは無いだろうと思うので、そうならないためにも最初に想定したゴールに近いと思えるものに向かって場の意見を集約していく感じです。

ディレ協のワークショップはまさにそのカタチ

はい。ここで宣伝しながら結論です。

どこに行くかも分からないブレストで無為に時間を消費したくなければ、テーマやルールの他にファシリテーターという役割を会議の場に設置してみてください。

それが何をどうやる人なのかイマイチわかんない!という方はぜひディレ協のセミナーへ。

そこまで高度なことやってるわけじゃないですが、ブレスト後の脳みそのしびれ具合が全く違います。ぜひお試しを。

0からのWebディレクション講座:設計編

サイトの設計で重要となる「ユーザーシナリオ」の考え方を徹底してわかりやすく解説し、ワークショップを通じて体に馴染ませて帰っていただきます。

もういっちょ!こっちはブレストを必須とするワークの開催こそありませんが、感謝祭ってことで異様なほど安い価格で開催予定です!ぜひー!

【ディレ協 1周年記念】感謝祭 掟破りのディレクター対決!?

日本ディレクション協会発足から早1年。皆さまへの感謝の気持ちを込めて、記念セミナー&ミートアップ(懇親会)を開催します!